読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨シーズンは出番の無かった刀(174cm)であったが、今シーズン後半は刀を頻繁に

乗る機会が増えた。

理由は刀でターンする楽しさを感じる事が出来るようになったから。

今シーズンから、XXさんの指導を受け、苦手だったバックサイドターンが長板であ

ればあるほど

面白く感じられるようになってきたからだ。

その代わり得意だったフロントサイドがダメダメになった事は今後の課題に。。。

そしてバインの調整方法を教えてもらい、とても勉強になった事は大きな収穫だった

と思う。

今まで、ひたすらセンターマークに合わせればいいと思っていたので、

多少荒れた雪面でも板の長さと重さを生かした安定感は乗りこなせるにつれて、安心

感に繋がり

チャレンジする場面も増えてくるので、更に楽しくなる。

そんな矢先にケスラー(158cm)の試乗をし、軽量を生かした軽快な動きをする板の

良さを強く感じて

軽い板も欲しくなってきた。と言うか、今までにない感覚を感じて衝撃的だった。

軽快な板の楽しさ、長く重たい板と相反する所があり、どちらも魅力的。

ケスラーでなくても軽快な板が欲しくなった。

でも、その前に足を治さないとね。