読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐の前の静けさ

西も東もボード仲間は本日晴天の中、ゲレンデで楽しんでいる様子の

写真が上がっている。

こちらは外の様子もわからない場所で仕事をしていると言うのに。。。

足踏み状態

どこに向かって歩いているのだろう。

ここ数日、足踏み状態で前に全く進めない。

無気力人間になってしまったと言えばいいのか。。。

全ての事に文句をつけたくなる自分を感じる。

燃料切れなのかもしれない。

充電するにはどうすればいいのかな?

自分の好きな事をすれば気も紛れるのだろうが、自分の好きな事が

良く分からない。

眠いかな

今朝は5時に風呂の中で起床。

体が冷え切っている。

直ぐに体と頭を洗って、布団に入るもなかなか眠れず6時の起床時間となった。

気になっていた愛犬も今朝は玄関先で排便はしていなかった。薬が効いたようで一安

心。

昨日は、愛犬の下痢が心配で千葉の病院まで連れて行き、検査をしたが大きな病気で

はない事を

聞き安心出来た。

本日の心模様

景色は冬から春に向け刻々と変化の様相を見せ、季節の変わり目は特に

そのように感じる事が多くなる。

昨夜、散歩していて近所の公園の桜が満開である事に気が付き、懐かしく寂しくも感

じた。

同じ公園の桜の木でも蕾さえまだ小さい木もあり、個体差が多様性を生み出している

と思えるが

個人としては、ただの傍観者に過ぎない。

桜の季節になると幾つか思い出が蘇る。

淡い思い出は、心の奥底の一部分を未だにキュッとさせる。

自宅での過ごし方が幾分変化しているようだ。

PCを見る事が減った分、横になり寝ている時間が増えたように思える。

病気または加齢が原因なのかわからない。

愛犬が最近、下痢が治らず夜中に玄関で排便するようになった。

本来、綺麗好きな犬種なので自分でも嫌なようで、排便後に鳴いている。

少し前までは、気持ちにあやふやさを感じると白黒つけたくなっていたが

今はなずがままに、流されている様に感じる事が増えた。

最後は無になる準備が少しずつ始まったのかと。。。

2016-2017シーズン24回目のゲレンデは湯の丸

f:id:MUMPS:20170308183254j:plain

3月8日(水)

前日の天気予報に反して、良い天気なのが気になり、こんな晴天なら休みを申請して

おけば良かったと思いながら

駅に着いて、定期がない事に気が付いた時点で遅刻のタダ働きか、自腹で通勤するか

の選択肢が頭をよぎった。

あ、休んでしまおうかと悪魔の囁きが聞こえて来たが、自宅に戻り忘れた定期をカバ

ンに入れて駅に向かい

遅刻覚悟で満員電車に乗って赤羽まで来たが、人混みを見て休もうと決めた。

自宅に8時30分頃戻り準備支度で9時過ぎに自宅を出発。

時間がもったいないので外環から高速に乗り小諸まで高速走行。

湯の丸到着は11時40分。スクールに顔を出したら、アルペンの生徒が居るので見れる

か聞かれたが

今の私に教える技量もないので、お断りして4時間券(JSBA割引:2500円)を購入し

一人ラストまで滑走。

イントラ特典で温泉を無料で入りしばしマッタリ。17時を過ぎてもまだ外は明るく春

を感じる。

暗くなる前に湯の丸を下山。

小諸から乗れば早く帰宅出来るが、下道で帰れば軽井沢高原教会の側を通る事が頭を

よぎり、寄り道する事にした。

教会に到着したのが18:20分。見学が18時までとの事で中に入る事は出来なかった。

そのまま下道で本庄から高速に乗り所沢で降り下道で帰宅。

楽しみだった予定が終わり

楽しみにしていた冬の予定も全て終わり、「祭りの後の静けさ」をしみじみ感じる時

期。

後は春の予定でも考えないと。。。

現時点で今シーズンの滑走日数は23日。

もう少し行けるかと思ったけど、この辺が限界なのかも。

体を絞り食生活を改善しない限り、これから毎年先細りになるだろう。

出来るのか。。。

今の堕落した思考回路では、かなり難易度が高そうだ。

食事以外の楽しみを作る必要がありそうだ。何があるだろう。

知恵を絞る必要がある。想像力、妄想緑をフル稼働させて考えねば!

考えろ、考えろ!

痩せるといい事が沢山あるのがわかっているのに。。。なぜ痩せる事が出来ないのか

それは、生命を維持する食欲を制御する事だからなのかと思う。

2016-2017シーズン13回目のゲレンデは万座

満を持して万座温泉スキー場に訪れました。

年々遠く感じてしまうのは年齢が原因なのかもしれないけど

運転時間が長くなるゲレンデはこれから縁遠くなってしまうのかと。。。

この日は8時にゲレンデに到着。

8時30分からの運転開始のペアリフトで2本滑り、9時からクワッドリフト

動き出したので頂上目指してリフトに乗車。

雪質は程よく締まった感じであったが、なかなか板に乗れず帰りの2本目くらいで

面白くなってきた感じだったが、同行メンバーが疲れたとの事で2時前に終了。

日進館の温泉で温まり16時30分に万座から帰路の途につく。